【NEWS】アウラの行方 <br>Locus of Aura

【NEWS】アウラの行方
Locus of Aura

美術の制度と場を再考するためのグループ展に國府理が参加します。
出品アーティスト、キュレーターが集うトークショーも要注目です。

(以下、詳細情報を本展のご案内より転載させていただきます。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アウラの行方

國府 理、末永 史尚、冨井 大裕 | キュレーション:藤井 匡
http://cas.or.jp/2016/Aura/index.html

会期:2016年9月17日(土)~10月8日(土) 14:00-19:00 *月・木休み
会場:キャズ(CAS) 地図 >>
大阪市浪速区元町1丁目2番25号 A.I.R.1963  3階

•オープニングトーク:2016年9月17日(土) 17:00~¥500(1ドリンク付き)

末永 史尚(出品アーティスト)

冨井 大裕(出品アーティスト)

江上 ゆか(兵庫県立美術館 学芸員)

藤井 匡(東京造形大学 准教授)

•クロージングトーク:2016年10月8日(土) 16:00~ ¥500(1ドリンク付き)

小林 公(兵庫県立美術館 学芸員)

牧口 千夏(京都国立近代美術館 主任研究員)

藤井 匡(東京造形大学 准教授)

笹岡 敬(アーティスト、CAS 運営委員長)

主催: 特定非営利活動法人キャズ(CAS)
協力:アートコートギャラリー、YUMIKO CHIBA ASSOCIATES、Maki Fine Arts
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ボリス・グロイスは「インスタレーションの 政治学」で、ベンヤミンの「複製技術時 代の芸術作品」に基づいて芸術作品の地 位を考察している。ベンヤミンの時代と異 なるのは、現代が芸術の大量生産時代で あることだ。それは、非常に多くの人間が SNSに自身の作成したテキストや画像をアップロードする状況のことを指す。そうした情報は、複製技術に立脚するために、基本 的にはアウラを持たない。その一方で、美 術インスタレーションにはこうしたテキストや画像が多く引用される。本来的にはアウラを持たない情報は、美術の制度と場所に投げ込まれることによって新しくアウラを獲 得することになるのだ。

ここで重要なのは、インスタレーションという場所が、情報が大量流通する一般的な 場所と美術館という特権的な場所の中間 に、両義的に位置することである。その場 所はアーティストによって制作され、さらに美術制度によって保障されるとしても、その中に完全に収まるわけではない。インス タレーションが大量流通する情報にアウラ を与えるとしても、それは一過性のもので ある。加えて、その情報が一般的な場所で大量流通し続けていることがそのアウラを曖昧なものに思わせる。そもそも、文脈 の問題さえ除外すれば、両者を区別することは基本的にはできない。インスタレーシ ョンが与えるアウラは、情報の大量流通という現実に常に脅かされ続けている。

私は前回、展覧会の会場を、ホワイトキュ ーブという超越的な場所と建築に帰属する 世俗的な場所のふたつが重層化したものと して考察した。そこで理解したことは、美 術という制度がその中にあるものを美術作品として位置づけるという意味は、そう単 純な話ではないことである。当たり前のことだが、制度を問い直せば、その中に置か れるものが美術作品であることも疑わしくなる。逆説的だが、美術の制度は、美術作品が美術作品として認定されていることを前提とするのだ。ここからは、美術作品として自明ではない美術作品から再出発するという異なったアプローチの必要性が見 えてくる。社会の中を大量流通している情 報から切断不能なインスタレーションを考 察の起点にするのである。

今回の展示によって、大量流通する情報との視覚的な同一性と差異性が浮上してくる ことを予期している。そのことを通して、美術作品と美術のための空間を、美術制 度を、その中にいる私たち自身を再考でき ると考えている。

藤井 匡(本展キュレーター)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です